炭酸の向こう側

シュワッと

パンダは後ろ向き

子供にせがまれて、ひさびさに上野動物園に行ってきました。もちろんおめあては「パンダ」です。
私も夫も「カンカン・ランラン」世代で、ものすごい行列に並んでパンダを見た思い出があるので、「パンダかぁ……」と子供に何度か頼まれても「まだまだ混んでるよ」とかるーくいなしていたのでした。

ところが偶然、チケットをもらったこともあって、それじゃぁ行ってみるかということになったわけです。

その日は土曜日でしかも午前中に学校があったので、動物園には2時半ぐらいに到着しました。
ただ、周囲の話から「開園と同時より、午後とか夕方のほうが案外すいてるよ」と聞いていたので、ちょうどいいかなと思ったんです。

それでもなんといってもパンダですから覚悟を決めていったのですが、拍子抜けするほど普通でした。あ、パンダが、じゃないですよ、行列が。
さほど並んでなくて、というか、この程度なら普通だよねというレベルで並んでいても列じたいがどんどん進むし、5分も待たなかったと思います。

ただ、せっかくパンダ舎のところに来たけど、かんじんのパンダちゃんはどちらも向こうを向いたきり動かない!!!
……子供に見えるのは、パンダのなだらかな背中とお尻だけでした(笑)

でもま、パンダを見たという事実には変わりないので、意外と子供は満足してましたよ。
それで、せっかく来たのだからとやっぱり一周して見て回りました。
けっこう赤ちゃんがうまれている時期だったみたいで、黒としろのまだらがきれいな大きな猿が赤ちゃんを抱っこして飛び回っていたり、なかなか楽しかったです。

都心で近いだけに逆に「いつでも行けるし」と思ってチャンスのなかった上野動物園ですが、お値段も安いし、やっぱり子供連れにはいい場所ですね。
そう思う家族が多いのか、けっこう賑わってました。でも、都民の日(東京都の小学生などはお休み)は動物園がただなんですが、この日は激混みで、パンダも行列だったそうで、それに比べて考えてみても、その土曜日は(私たちは混んでると思ったけど)たまたますいていたのかもしれませんが。

でも、別にパンダ目的じゃなくてもお弁当もってピクニックついでにまた行ってもいいなと思いました。

. This entry was posted on 土曜日, 12月 1st, 2012 at 8:57 PM and is filed under ブログ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.